アンダーグラウンド、初体験の日 〜入り口はカップル喫茶〜

ドッキドキのアンダーグラウンドな遊びを初体験したその日、私は未知の世界に飛び込んだことを知りました。

 

前から、”3P”、”ハプニングバー”、”大人のおもちゃ”という単語は気になっていた。ただ、なかなか踏み出すきっかけがなかった。そういうアンダーグラウンド(よくアングラって言います)って、機会が無いと手が出ないと思うんです。私の場合は運が良くて、Soさんという方と出会って、その世界に飛び込むことができました。

Soさんとは、ハッピーメールで知り合いました。

ハッピーメールバナー

 

Soさんは、「ハプバー、カップル喫茶、3P、複数P、おもちゃ」と言うタイトルで掲示板に書き込みをしており、そんなアングラな世界に興味津々だった私にはたまらない投稿でした。ふらふらと誘い込まれ、投稿をクリックしていました。

投稿を読むと、Soさんに自動的に通知が行ったようで、「興味はありますか?」とメッセージを送ってきてくれた。私は勇気を出して「はい、あります。」と正直に返信しました。

 

そこからSoさんとはメッセージのやりとりを重ねて、一度顔合わせの食事もした。やはり、出会い系サイトで会う人はどんな人か分からないので、どんな人か見極めた方が良いと思います。Soさんはとても爽やかで、話しもきちんとして、「イヤな事は絶対にしないしさせない」と約束してくれる、ちゃんとした人でした。

 

そうして、2013年某日のとある木曜日、カップル喫茶・olive21 (通称オリーブ)に初めて行くことになりました。Soさんはハプニングバーにもカップル喫茶にも精通しているとのころで、初めてのアングラ遊びは、おすすめのカップル喫茶に連れて行ってくれることになったのでした。

 

 

オリーブは歌舞伎町の奥の方の雑居ビルに入っており、ひっそりと、しかし淫らに営業していました・・・。

 

表のドアは、どこにでもある普通の飲み屋のドアでした。中からはクラブミュージックが聞こえており、ビートがかすかに響いてきます。ドアベルを鳴らして、店員さんがドアを開けてくれるのを待って中に入る仕組みです。入るとすぐに内扉があり、その手前で靴を脱ぎ、上着などを預けます。貴重品は、中にロッカーがあるとのこと。

 

Soさんはほがらかに店員さんと談笑しています。さすが常連のSoさん、店員さんとも仲が良いようです。中に入ると、コの字型の黒いソファが置いてあって、壁は鏡張りになっています。そこが、トークスペース兼休憩場所のようです。

 

その奥は、すぐにプレイルームです。短い通路の奥をよく見たら、セックスしている人達が見えてしましました。私はプレイルームのあまりの開放感に度肝を抜かれたのを覚えています。だって、パーティションもカーテンも何も無い! プレイルームの壁は、上半分が柱だけで、すだれが申し訳程度にさがっているだけ。のぞき放題の状態です。

 

プレイルームは平場になっています。床にマットレスが敷き詰めてあり、その上にタオルが「ここでセックスしてください」と言わんばかりに並べて敷いてあります。私はベッドが並んでいるのを想像していましたが、そんな設備はなく、もうどこでセックスしてもOK! 自由な感じでした。

 

「こんなところでエッチするの・・・?」 と正直少し私は腰が引けていました。木曜日なのもあり、他にはカップルが1,2組いるだけでしたが、そのカップルさん達は周りの目は気にせずセックスにはげんでいます。あんっあんっと声が響いてきて、男性が腰を振っている様子が丸見えです。

想像以上に、すごい場所でした・・・。

 

to be continued…

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください